魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!待ち時間や概要など

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!

 

ちょっと長めのタイトルのシアターアトラクション、魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!って、どんなアトラクション?

 

どうも、こも/komoです(@Disney_WALTblog)

 

 

待ち時間は?などといった気になる内容やアトラクション概要などについて、この記事では書いていきます。

 

LINK   ▶︎▶︎公式 魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!

 

 

目次

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!って??

 

 

ハワイの鳥たちが繰り広げる魅惑のショーに、いたずら好きの「スティッチ」が登場します。

 

チキの神々やゲストを巻き込んでの、にぎやかなショーです。

 

こちらのアトラクションはシアタータイプで、比較的待ち時間はほぼなしで入ることが出来ます。

 

ライドアトラクションではないので、待ち時間なし、身長制限などもなしと、小さなお子様がいるご家族も安心して利用することが出来るアトラクションですよ。

 

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!の概要

 

鳥たちが繰り広げる魅惑のショーに、いたずら好きのスティッチが登場します。

 

[アトラクションタイプ]

シアタータイプ、雨の日も安心、大きな音がする、暗やみをすすむ

[対象]

身長制限なし
提供:みずほ証券株式会社

 

 

所要時間
約10分

定員/収容人数
318名

 

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!の場所は?

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!は、アドベンチャーランドにあります。

ワールドバザールを抜ると、「クリスタルパレス・レストラン」があります。

レストランの右の道を通り、橋を渡たった先がアドベンチャーランドになります。

 

 

 

また、近くにはアドベンチャーランドの色々なアトラクションがありますが、スイスファミリー・ツリーハウスは、魅惑のチキルーム同様に待ち時間なしのウォークスルー型アトラクションですので、こちらもおすすめですよ。

 

 

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!のアトラクション内容はどんなの?

 

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!は子供から大人まで幅広い年代の方が楽しめるシアターアトラクション。

 

ハワイの4羽の小鳥たちが繰り広げるミュージカルショーに、スティッチが突然参加する、いたずら好きのスティッチらしい、楽しいハワインアンショーです。

 

 

アトラクションのタイトルにもある、「アロハ・エ・コモ・マイ」とは「ようこそ!」という意味。

 

4羽の小鳥たちが私達ゲストを迎え入れてくれます。

 

アトラクション内は、スティッチの世界観、ハワイを感じることができます。

 

ウクレレ演奏やハワイアンミュージックを小鳥たちとスティッチが披露してくれます。

 

とても可愛くて癒されますよ。

 

待機スペースで休憩も可能。

 

お子様連れのご家族や、少し疲れた時には最適です。

 

見上げると小鳥たちが美しい歌声で歌い、周りをスティッチがいたずらに駆けまわり、飽きることなく最後まで楽しめる様なアトラクション内容となっています。

 

 

 

 

天井をよく見てみるとスティッチの足跡らしきものがあったり。

 

皆さんも探してみてください。

 

ちなみにあまり知られていないのですが、実はウェイティングルームの奥にはトイレが設置されており、並ばずに行ける穴場です!

 

混雑していてトイレに行けなかった時は、こちらを利用しましょう。

 

アトラクションショーの開催時間は約10分ほど。

 

また、ショーの中で真っ暗になるシーンや大きな音がするシーンがあるので、小さなお子様はびっくりしてしまうかもしれませんね。

 

魅惑のチキルームアロハ・エ・コモ・マイ!アトラクションの待ち時間はどのくらい?

 

魅惑のチキルームは、シアタータイプのアトラクションなので1回の公演で318人入ることができるとなっています。

私はこちらのアトラクションでは待った事はありません。

平日、休日問わずあまり並ばずに体験できます。

土日でも5分〜15分以内でしょう。

 

普段から待ち時間はほぼないアトラクションではありますが、シアタータイプのアトラクションのため、上演時間が約10分となっているので、上演直後に行ってしまうと、上演中の約10分間は待ち時間となってしまうので、ここはお気をつけ下さい。

 

空いている事が多いアトラクションではありますが、シアタータイプ、屋内アトラクションという事もあり、雨が降っていたり、真冬の寒さのディズニーランドでは急に需要が高まったりするのでお気をつけください。

 

 

魅惑のチキルームアロハ・エ・コモ・マイ!アトラクションのこだわり

 

「魅惑のチキルーム」アトラクションには、もちろんディズニーのこだわりがあります。

 

ショー以外の部分のアトラクションの魅力を少し紹介していきます。

 

 

【魅惑のチキルーム】オーディオアニマトロニクスを使用している

 

これぞディズニーの真骨頂。

 

魅惑のチキルームで軽やかに動き歌う人形には、ディズニーの技術を結集した機械仕掛けの人形「オーディオアニマトロニクス」が使われてます。

 

もちろん、他アトラクションや海外でも採用されているんですよ。

 

だから、ディズニーのキャラクターは本物の様な滑らかな表情や動きができるんですね。

 

 

「魅惑のチキルーム」庭園

 

 

わらぶき屋根で覆われているこの庭園は、強い日差しや雨から守るために屋根で覆っていると言われています。

 

庭園には、チキの神様の像があります。

 

火と火山の女神、ペレ

 

ちょっと強面の像の女神は、とても嫉妬深い性格で、怒ると火山を噴火させると言われています。

 

ところで、この庭園には火山岩でできたようなベンチがあるんですが、寒い時期に腰掛けると暖かいんです。

 

機会があったら試してみてくださいね。

 

 

【魅惑のチキルーム】Qラインは魅惑のチキルーム “ゲット・ザ・フィーバー!”

 

 

Qラインは魅惑のチキルーム “ゲット・ザ・フィーバー!”からそのまま受け継がれたもので、ショーを待っている間に座る石のベンチがあり、その周りにハワイの神々をイメージした像が飾られている。

 

 

アトラクションショーの4羽の鳥、バーズ・オブ・パラダイスのメンバーの名前には、それぞれ意味が込められています。

 

 

バーズ・オブ・パラダイスのメンバーの名前の意味

 

ハウオリはハワイ語で「幸せ」。マヒナは「月」。ワハヌイは「おしゃべりな口」。

 

ショー中ずっと喋っている彼にはピッタリな名前ですね。

マヌは、ハワイ語で「鳥」そのままの意味。

マヌは丸眼鏡をかけているのですが、よく見ないと気付きません。

とても可愛い姿なので、魅惑のチキルームに来たときは、是非見てみてください。

 

 

スティッチの宇宙船??

 

魅惑のチキルームのアトラクション外には、映画に登場するスティッチの宇宙船があります。

是非、見てみてくださいね!

 

【魅惑のチキルーム】ストーリーと登場キャラクター

 

 

魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!

 

アトラクションのストーリーや登場キャラクター、楽曲について紹介していきます。

 

 

【魅惑のチキルーム】ストーリー

 

ハワイからやってきた「Birds of Paradise」の4羽の鳥が歌うショーです。

 

まずは「ハワイアン・ローラーコースターライド」で挨拶をしようとするが、突然、停電してしまいます。

 

すぐに復旧したのですが、窓には落書きが浮かび上がってきます。

 

マヌはこれはチキの神様の仕業だと主張するのですが、よく見ると窓の落書きは「Aloha E Komo Mai」(ハワイ語で「こんにちは。ようこそ」の意)と書いてありました。

 

そして、ワハヌイの「いたずらしてるやつは誰だ!?」という言葉でついにスティッチが姿をあらわしました。

 

【魅惑のチキルーム】登場キャラクター

 

 

マヌ …… 眼鏡をかけている青い鳥

マヒナ …… 花飾りを付けているピンクの鳥

ワハヌイ …… 翼の中央が赤く、体が緑色の鳥

ハウオリ …… お腹が黄色で背中と羽が赤い鳥。

スティッチ …… 映画「リロ&スティッチ」に登場するキャラクター

ウイング・ワヒネ …… マヌと一緒に歌っているコーラスガールズ

 

 

【魅惑のチキルーム】ショーで使われている楽曲を紹介

 

 

ハワイアン・ローラーコースターライド(リロ&スティッチ)

アロハ・エ・コモ・マイ(Stitch! The Movie)

タ・フワフワイ(ハワイアン・ウォー・チャント)
ワイキキの浜辺で

 

 

【魅惑のチキルーム】ショーの見やすい席は??

 

 

魅惑のチキルーム、スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”は、中央のステージを囲むように円形に椅子が配置された観客席となっています。

 

最前列の席に座ってしまいがちですが、ショー全体を楽しみたい場合は真ん中よりも後ろの席がオススメです。

 

スティッチを近くで見たい場合は最前列の席に座るようにしましょう。

 

なお魅惑のチキルームは、パーク混雑日でも次回案内時に入場できる事がほとんどです。

そのため待ち時間がかからないので安心して利用できます。

 

 

【魅惑のチキルーム】本当の意味での休憩には向きません。

 

ちなみにですが、魅惑のチキルームでは、曲と歌声が響き渡り随所で手拍子を誘います。

 

休憩所の代わりとして利用すると、座って足を休められますが落ち着けません。

 

休憩としてはイマイチあまり適していません。

 

ライド型で程よく揺れる、カリブの海賊やイッツア・スモールワールドなどの方が向くでしょうね。

 

 

【魅惑のチキルーム】神谷浩史によるアロハ・エ・コモマイ〜スティッチ・エイサー

 

 

魅惑のチキルームのショーの終盤では、スティッチが小鳥たちと一緒に「アロハ・エ・コモマイ~スティッチ・エイサー」という曲を歌います。

 

この「アロハ・エ・コモマイ~スティッチ・エイサー」の曲を歌っている人こそ、神谷浩史さんという、声優・アーティストの方なんです。

 

 

 

 

通りで、素敵な曲な訳です、、

とても有名な方みたいですね!

 

 

【まとめ】魅惑のチキルーム スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ”!

 

 

魅惑のチキルームはスティッチを迎えてからは、また違ったかたちのアトラクションとなったわけで、人気は爆発しました。

 

ハワイの音楽や雰囲気が味わえる魅惑のチキルームを是非、体験してみてください。

 

映画を観て、スティッチやストーリーを知ってからだと、魅惑のチキルーム、スティッチプレゼンツ アロハ・エ・コモ・マイ!を更に楽しむことができますよ。

 

アトラクションに行った際は、内部の様子や装飾を注意深く見て、体感してみてくださいね。

 

 

関連記事

アドベンチャー・ランドを通り抜けようと歩いていると、前から猿集団がやってきて、アドベンチャー・ランドを占拠していました。 どうも、こも/komoです(@Disney_WALTblog) &[…]

 

 

関連記事

ディズニーが誇る美しいリアリティ溢れる技術。それはもう、まるで人形に生命が宿った様だ。普段、何気なく楽しんでいるディズニーのアトラクションはクオリティが高く、創り込みや世界観の表現が素晴らしいですよね。オーデ[…]

 

 

 

\今すぐシェアしよう!/
>
CTR IMG