トイ・ストーリーホテルに宿泊!トイ・ストーリーホテルを徹底解説!

ディズニーホテルで5番目となるホテル、トイ・ストーリーホテルがオープンしました。

遅れながらに宿泊してきましたので、トイ・ストーリーホテルをご紹介していきます。

 

どうも、こも/Komoです

(こも/𝕜𝕠𝕞𝕠@𝕎𝔸𝕃𝕋𝕓𝕝𝕠𝕘

 

 

実際、トイ・ストーリーホテルってどうなの??
トイ・ストーリーホテルはデモレートタイプというランドホテル、ミラコスタ、アンバサダーホテルなどのデラックスタイプと呼ばれるものと、ディズニーセレブレーションホテルの様なバリュータイプのホテルとの中間になります。

結論からいうと

 

 

素晴らしい!

 

 

 

こも/komo
本当に大人も子供に戻れる様なホテルです

 

 

ホテル内にはそんなアイデアや仕掛けがいっぱい。

セレブレーションホテルに限りなく近いですが、浴室や部屋のつくりはセレブレーションより上だと感じます。

それと価格も抑えられており、コスパは非常に優れています。

 

 

LINK   公式▶︎▶︎東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル

 

 

トイ・ストーリーホテルとは

トイ・ストーリーホテルは、5つ目となるディズニーホテル。

デラックスとバリュータイプのホテルの中間に位置するデモレートタイプ。

一体、どんな客室なのかオープンまで期待を膨らませていましたが、客室は配置や浴槽などの水回りはデラックスタイプに近づけている感がありますが、客室内の統一や面積などの面ではバリューに近しいものがあると感じます。

 

トイ・ストーリーの世界の創り込みがすごい!

ディズニー好きな方は大丈夫だと思いますが、ファミリーのお父さん、彼女を連れた彼氏の方も、もちろん普通に楽しめる魅力が詰まったホテルですが、やはり、トイ・ストーリーを鑑賞してから行くのがおすすめですよ。

ホテル内外には、ディズニーらしい細かな世界観の表現が至る所に散りばめられています。

 

トイ・ストーリーホテルの場所

トイ・ストーリーホテルは、舞浜からディズニーリゾートラインでベイサイドステーション下車になります。

ベイサイドステーションを下車し、ホテルオークラ東京ベイとヒルトン東京ベイの中間に位置しております。

オフィシャルホテルの周辺に並んでいることからパークへの移動もとてもスムーズです。

この辺が、同価格帯のセレブレーションホテルに比べ、非常に利便性は高いと言えます。

その為、少しでも長くパークで遊びたい方や、お子様のいるファミリーなどには利用に大変おすすめです。

 

 

パークとの距離って、楽しむ上でとても大切ですよね

 

 

辿り着かない??ホテル到着してからエントランスまで

 

そう。宿泊された方はこの経験、きっとみんなあるはず。

トイ・ストーリーホテルはホテルに到着してからホテルのロビーに入るまでの間にゲストを楽しませる様々な仕掛けがあります。

 

 

 

こも/komo
私はロビー到着までに30分かかりました、、、

 

 

人より大きなピクサーボール

 

まず飛び込んでくるのは大きなピクサーボール。

 

 

 

いきなりフォトスポットが!

 

 

 

私もここでパシャリ。

 

 

まず、このピクサーボールの大きさに驚きです。

 

そう!人よりもはるかに、大きいピクサーボールです。

 

なぜならば、私たちゲストはおもちゃの世界におもちゃとしてトイ・ストーリの世界を体感することができるのです。

先に進んでいくと、スリンキードッグのかわいいお家や大きなバズライトイヤーが。

 

ジェシーなどのトイ・ストーリーのメインキャラクターがお出迎えしてくれます。

 

 

何気なく、周りの囲いやベンチもアイスの棒で作られているなど子供らしさ溢れる発想。

 

大人でもワクワクする作りです。

どこもかしこもかわいくて、写真のシャッターが止まりませんね笑

しかし、なかなかロビーにはたどり着きません。

そんなこんなで頑張って先に進むと、今度は中央にメインキャラクターのウッディーの看板。

その他、ホテルの壁や外観これも非常に可愛く、何と私はホテルに到着してからロビーまで約30分以上という大きなタイムロスをしておりました!

まあ、それだけ素晴らしいということですね。

 

ポップな開放感のあるロビー

エントランスに広がるおもちゃの世界。

ここは感染症予防対策のために、手指の消毒と検温をしっかりとしましょう。

ロビーに入るとなんとも開放感のある天井が高く、カラフルでポップなおもちゃの世界が飛び込んできます。

 

まさにトイ・ストーリーの世界。

 

この天井の高さや一つ一つの物の造り。

 

トイ・ストーリーの世界観、ゲストを楽しませるという仕掛けはたまりませんね。

レックスのとてもかわいいチェックインカウンター

まずねこのチェックインカウンターがすごくかわいい。

私はオンラインチェックインを利用したのですが。ここでのオンラインカードキーの発行でも仕掛けがある。

他ディズニーホテルと違い、ここでトイ・ストーリーホテルならではのアニメーションが入ります。

 

 

 

こも/komo
この説明もホテルの方がしてくれるので非常に親切ですね

 

 

 

カードキーを受け取ったらいざ客室へ。

 

と、行きたいところですがエレベーターもバズライトイヤーとウッディーの棟があります。

 

2ヶ所客室によって分かれています。

今回、私はベイビューに宿泊でしたので、バズライトイヤーの塔、最上階の11階の部屋をご用意していただきました。

本当にありがとうございます。

 

ちなみにロビーにはギフトプラネットというショップと、ロッツォガーデンカフェというカフェがあります。

 

とっても便利なホテル内のショップは食品から日用品まで宿泊に必要なものは揃います。

 

 

中庭には、トイ・ストーリスクエアというまさにフォトスポットと思える場所があります。

ここでは写真を楽しそうに撮るゲストの方がとても多かったです。

ここから上を見上げると、客室がここがいわゆるスクエアビューと言われる客室。

トイ・ストーリースクエアが一望できる客室ですね。

非常に人気が高く、ここが予約が取れなかったです。残念。

 

 

次は必ずスクエアビューの予約をするぞ!

 

 

エレベーターにもトイ・ストーリーならではの仕掛けが。

 

トイ・ストーリーホテルに初めて宿泊する方
ディズニーホテルに初めて宿泊する方
他ディズニーホテルをに宿泊したことがある方

 

驚くと思います。

 

ディズニーホテルのエレベーターといえばミッキーやミニー、グーフィなどのメインキャラクターと、ディズニーのメインキャラクターと呼ばれるものがアナウンスしてくれますが

そう、ここトイ・ストーリーホテルではトイストーリーのキャラクターがアナウンスをしてくれます。

 

エレベーターの中もなんだか宇宙空間風のかわいい作り。

 

 

 

バズライトイヤーがアナウンスをしてくれました

 

 

エレベーターを降りたら除菌を忘れずに。

 

 

感染症予防対策も抜かりありません。

 

 

客室廊下の作り込みがすごい。

エレベーターを降りたらまたフォトスポットがたくさん。

客室まで向かうにもその壁とかがすごく可愛い。

 

トイ・ストーリーホテルにも製氷室はあるのでご安心を。

 

 

ここもおもちゃの世界の世界観は壊さぬようデザインが表現されています。

トイ・ストーリーらしく、カラフルな作りの廊下は進むと今日の客室へ。

一体どのような世界が待っているのか?

非常に楽しみです。

 

 

こも/komo

毎回、何故かディズニーホテルに行くとこの扉を開ける瞬間が楽しみでなりません

 

 

扉を開けた瞬間に広がるアンディのお部屋

扉を開けて広がるのはまさに

映画トイ・ストーリーで見たあのアンディのお部屋そのもの。

一歩入れば大興奮間違いなし。

 

おやじの私もはしゃいでいろいろ物色してしまいそうになりましたが、一旦落ち着こう。

 

 

 

こも/komo
では、1つ1つ部屋の内部を紹介して行きます

 

 

アンディのお部屋をご紹介

再現されたアンディの子供部屋。

入るとまず飛び込んでくるのが荷物置き。

 

バゲージラック

 

パークから疲れて帰ってきたら、まずここで重い荷物を置いてリラックスモード。

 

バゲージラックの下にはウッディーのスリッパがあります。

 

ルームスリッパ

 

そう、このスリッパの裏にはアンディの文字が。

 

 

もう、これ大興奮ですよね。

これを履いた私たちはアンディのおもちゃとなるのです。

 

大きくカラフルな画鋲の形をしたハンガーラック。

これ、凄くかわいい。

すごい発想だなと思いました。

色味もデザインもお部屋にとってもよくマッチしています。

今日私が着ている子のバズライトイヤーのピンク色のパーカーも。

 

 

何気に相性抜群?

 

腕時計型のミッキーの掛け時計

これ、可愛いですね。

可愛いしか言ってないからさっきから。

アンディとの時間はミッキーマウスが時を刻んでくれます。

 

赤い外国風のテレビ。

ディズニーホテルにはテレビが設置されていますが、さすがトイ・ストーリーホテル。

外国のアニメの子供の部屋にあるような真っ赤な可愛いデザインのテレビが。

 

中身はですが、もちろんここでもエクスプレス・チェックアウトなど通常のディズニーホテルと同じサービスとして使えることができます。

 

 

アンディの勉強机?

アンディがここで勉強するのかな?

と思われる子供のお部屋感があふれる勉強机です。

ここに座ると子供の頃の記憶が戻ってくるようですね。

ベッド

ベッドは高さがあり、ふかふか。

パークで疲れた体を完璧に癒してくれるでしょう。

寝心地も非常によく満足です。

 

こも/komo
ただ、このベッドとある仕掛けが

 

 

ヘッドボードの先の方には隠れたライトが設置されているんです。

 

 

昼間だとわかりませんが夜寝る前にこのライトを照らすと。

 

親に早く寝なさいと言われてから、こっそり何かをして起きている時間。

子供の頃のあの興奮がフラッシュバックするようでした。

充実しているコンセント

ベッドサイドにももちろんスマホ充電用の電源はあるのですが、素晴らしいと思ったのは

Usbポートがあること、これすごく便利。

旅行の時とかって、できるだけ物を少なくしたいじゃないですか。

意外とこの充電器の差し込み部分って邪魔だったりするんですよね?これがこのケーブルだけで持ち運びで済むというのは素晴らしいと思います。

ただ、この部屋コンセントはここだけではなく。

いたるところにコンセント差込口があり、とっても便利です。

ここまで多い部屋はなかなかないんじゃないでしょうか?

 

 

これは私的にトイ・ストーリーホテルの高ポイントですね

 

ディズニーホテル定番のお茶セット

ディズニーホテルでは定番のセットと言われる千茶とコーヒーのセット。

アイスペール電気ケトルが準備されています。

 

トイ・ストーリーホテルならではの洗面台

 

洗面台はセレブレーションホテルよりも、デラックスタイプのホテルに近しいものがあります。

ゆったり使えて清潔感があり、ここも抜かりなく、トイ・ストーリーのデザインが施されています。

 

トイ・ストーリーホテルのアメニティキット

ディズニーホテルと言えば宿泊の際にアメニティーを持ち帰るのが主流。

ここトイ・ストーリーホテルでも可愛いアメニティーが準備されています。

記念に持ち帰りましょう。

 

トイレ

トイレもデラックスタイプに近いものがあり、非常に快適できれいな作りとなっております。

 

お風呂場

浴槽はまさにセレブレーションとデラックスの中間。

まず、浴槽のデザインが可愛い。

こんなところで湯船につかったら疲れも吹き飛んじゃいますね。

中は広々としており洗い場と浴槽が完全に分かれています。

これ嬉しいポイントですね!

デラックスタイプのホテルと比べると浴槽はやや小さいのですが、高身長の私でも普通に使える事が出来ました。

パークでの疲れが癒えていきます。

気分はスペースレンジャー!バズライトイヤーのパジャマ

このパジャマですね、とっても着心地が良かったです。

宿泊者ならば、誰もがそう感じたと思います。素材なのでしょうか?

デザインも申し分なし。

 

サイズは二つの展開があり。

Lサイズは身長の高い私でも問題なく着ることができます。

 

チェックアウトは、テレビ画面、エクスプレス・チェックアウトで

帰りは、ディズニーホテルおなじみのエキスプレスチェックアウトをテレビ画面で実行です。

操作は非常に簡単。

画面の案内に従うだけです。

少し分かりにくいかもですが画像でその順番をご確認ください。

 

トイ・ストーリーホテルトイ・ストーリーの世界観そのもの

トイ・ストーリーホテルは4月5日にオープン以来、すでにSNSでも多くの方々投稿しています。

私はこれまでにディズニーホテルにはすべて宿泊し、全部屋を制覇したホテルもあります。

そんな私から見ても

このトイ・ストーリーホテルのコストパフォーマンスは素晴らしかったです。

本当におすすめです。

まさに、この今の時代とマッチした内容のものとなっています。

 

 

こも/komo
ロッツォガーデンカフェやギフト・プラネットなども利用していますが、また別で記事にしたいと思います

 

 

それでは皆さんも、トイ・ストーリーホテルでアンディのおもちゃになってきてください。

私みたいなおやじでも、童心に帰ることができる。

そんなホテルです。

 

 

関連記事

トイ・ストーリーホテルがオープンし、すでに多くの方が宿泊されたと思います。 ✔️この記事では、トイ・ストーリーホテルの中にある食品や日用品などといった宿泊の際に必要なものは全て揃うショップ「ショップ・トゥギャザー」につ[…]

 

 

 

 

\今すぐシェアしよう!/
>
CTR IMG