豪華客船S.S.コロンビア号で、景色とグリーティングを眺める 〜マークトウェイン号との違いは?〜

まだまだ、寒暖の差はありますが、日中は上着がなくても過ごせるような日も多いです。

パークにもいくつか気持ちよく外で過ごせるスポットがありますが、

今回はディズニーシーにあります、コロンビア号について書いていこうと思います。

何か、参考になればと思います。

 

どうも、こも/komoです(@Disney_WALTblog)

 

LINK   公式▶︎▶︎ 豪華客船「S.S.コロンビア号」で非日常を体験

 

LINK   公式▶︎▶︎ S.S.コロンビア・ダイニングルーム

 

利用動機の多様化

今はネット時代。特にSNSは生活習慣の一部となりつつある世の中です。

シンデレラ城の前で撮影を楽しんでいるゲストはとても多いです。

そして、ここコロンビア号のデッキも今や有名な撮影スポットとなっています。

もはや、撮影、インスタ掲載目的でパークに来る人も多いでしょう。

ここは、それぞれの利用動機があるのでなんとも言えないですが、、、

個人的には、もっと、建物の造形や景色。

フードにアトラクションとパークの魅力を存分に楽しんでいただきたいですね。

 

S.S.コロンビア号からの景色

 

少し写真が下手ですが、写真では伝わらない景色と風、快晴と気持ち良さがここにはあります。

是非、ご自身の目で、体で感じてみて下さい。

私も、最近はアトラクション一択の若い頃から比較すると楽しみ方が大きく変わりましたね。

色々な年代の方もいますし、それぞれが違う楽しみ方をしているので、ここは面白いスポットですよ。

 

ちなみに、デッキへ移動する間の廊下からは真下のグリーティングが見えちゃいます。

この日は、確かシェリーメイのグリーティングが行われていました。

 

S.S.コロンビア号とは

20世紀初頭の世界最高級の豪華客船それが、S.S.コロンビア号です。

東京ディズニーシーの広大な海に停泊する優雅な豪華客船ですね。

S.S.コロンビア号は、ディズニー社のイマジニアの強い想いがあり、あれほどスケールの大きな豪華客船となりました。

このディズニーのこだわりには毎回驚かされるとともに感動を頂きます。

携わる方々の思いと、ゲストを楽しませたいという思いが、きっと現在のディズニー社を、

ディズニーリゾートを創り上げているのでしょうね。

まるで本物のようなリアリティ溢れるS.S.コロンビア号ですが、一体全長何メートルくらいあるのでしょうか。

 

S.S.コロンビア号の全長は140メートル。
幅25メートルのスケールの大きな豪華客船です。

 

やはり、ディズニーはスケールが違う。。。

 

S.S.コロンビア号は蒸気船マークトウェイン号の4倍以上の大きさ??

 

ディズニーランドの蒸気船マークトウェイン号は全長34メートル。

 

なんとS.S.コロンビア号は蒸気船マークトウェイン号の4倍以上もの全長があるのです。

 

本物の豪華客船同様、こだわりぬいて造られたS.S.コロンビア号。

アメリカンウォーターフロントに寄った時は、細部までこだわる抜かれた豪華客船をじっくりと観察してみて下さい。

 

ちなみS.S.コロンビア号「S.S.」ですが、

 

「Steam」「Ship」の頭文字です。

 

 

つまりはマークトウェイン号と同じ蒸気船という事ですね

 

 

ディズニーシーでは、アメリカンウォーターフロントのエリア内にこのコロンビア号があり、その船の中のレストランでお食事ができます。

 

レストラン S.S.コロンビア・ダイニングルームの食事は予約をしよう

アメリカンウォーターフロントにある大きな船は、豪華客船S.S.コロンビア号という船で、Bデッキ(3階)に1等客室専用のメインダイニング
S.S.コロンビア・ダイニングルームというレストランがあります。

私はこの日、昼はルーズヴェルトラウンジ。ディナーはS.S.コロンビア・ダイニングルームのレストランで食事をしました。

皆、きちんと予約をしていたようで予約なしで来ている人は近くにはおりませんでした。

 

 

ちなみに、ディナーは結構混んでいました。。。

 

 

ここのディナーは美味しいです。

ブルーバイユーに感じとしては近いかと思います。

何よりも、パンがおかわりできるところが良いです!!

7個も頂いてしまいました。。。

 

ですので、S.S.コロンビア・ダイニングルームでお食事をしたいときには、予約をしておくといいと思います。

 

昼はテディ・ルーズヴェルト・ラウンジで食事

S.S.コロンビア・ダイニングルームのレストランの下の階に

テディ・ルーズヴェルト・ラウンジというレストランがあります

 

 

✔️テディ・ルーズヴェルト・ラウンジは、アメリカ大統領セオドア・ルーズヴェルトの愛称テディの名を冠したラウンジということです。

 

 

その時は平日の午後だったのですが、店の前には5組ほどの方が入店待ちで並んでおられました。

ここも、見ている限り皆予約していましたね。

 

テディ・ルーズヴェルト・ラウンジはカウンター席とソファー席があり、店内は大人の落ち着いた雰囲気で最高です。

店内の照明は大分暗めで、窓はなく、外の景色は見えません。

船の中にいるような雰囲気のレストラン・ラウンジです。

メインからデザートまでしっかり頂きました。

 

豪華客船S.S.コロンビア号で、景色とグリーティングを眺める 今の楽しみ方を

昼ちょい過ぎにパークに入り、ここでゆっくりと景色と食事を楽しませて

頂きました。忙しなく、アトラクション、インスタにせっせとではなく、たまにはこんなのんびりな過ごし方もいいものですよ。

案外、今まで気付けなかった事や新たな発見もあるかもしれません。

楽しみ方の一部として参考にして頂けたらと思います。

 

 

\今すぐシェアしよう!/
>
CTR IMG