ザ・ガゼーボの牛カルビコーンが変わってて面白い!食べ歩きメニューを解説!

ちょっと待った!!

 

通り過ぎないで、

 

いったん止まって右も確認してみて!!!

 

 

こも/komo
えっ、右になんかあるの??

 

 

どうも、こも/komoです(@Disney_WALTblog)

 

私は入園後、ワールドバザールを抜けて、カリブの海賊に向かうパターンがかなり多いです。

 

または、カリブの海賊の目の前にあるミッキーチュロスを買って食べ歩き、アドベンチャーランドに向かうパターン。

 

 

 

定番の味は落ち着きます。

いつ食べても美味しいです。

 

 

こも/komo
チュロスが美味しいのは知ってるから、右に何かあるんじゃないの??

 

 

実は、チュロスのワゴンの右側にもお店があります。

 

“あずまや(休憩所)”と名付けられたカウンターサービスのお店。

 

この店こそ、この記事で魅力を徹底解説させていただく、【ザ・ガゼーボ】です。

 

東京ディズニーランドの食べ歩きグルメの新定番「牛カルビコーン」を販売してます。

 

 

 

こも/komo
イベントに合わせて、期間限定の牛カルビコーンが販売されますので、要チェックです!

 

 

ザ・ガゼーボでは、人気のタピオカドリンクも販売していますよ!

 

ザ・ガゼーボとは

 

「ザ・ガゼーボ」は、アドベンチャーランドの冒険者たちが癒しを求めに来る休憩所です。

 

今回は、ザ・ガゼーボの概要と定番の食べ歩きメニューを徹底紹介します。

 

ザ・ガゼーボとはあずまや(休憩所)という意味があります。

 

ザ・ガゼーボは東京ディズニーランドがオープンした1983年から続くお店です。

 

オフィシャルスポンサーはなく、ディズニーランドの直営店となります。

 

LINK  公式 ザ・ガゼーボ

 

LINK   ザ・ガゼーボのメニュー!スーベニアも

 

食べ歩きフードとしても、SNS、写真映えも良い牛カルビコーンを販売しており、テラス席も少し用意されてますし、近くにはベンチもたくさんあるので、

 

天気の良い日なんかは食べ歩きにならずとも、座って頂くのも気持ちがいいです。

 

ザ・ガゼーボの場所は?

 

ザ・ガゼーボは、東京ディズニーランドのアドベンチャーランドに位置しております。

 

ディズニーランドの入口に入って、ワールドバザールを出て、すぐ左に曲がります。

 

左に曲がった後、ワールドバザールを抜けると、左手にアトラクション「カリブの海賊」が見えてきます。

 

「カリブの海賊」からチュロスのワゴンの延長上に、オレンジの屋根が特徴的なザ・ガゼーボがあります。

 

 

所在地アドベンチャーランド
ジャンル軽食(牛カルビコーン)
座席数約110席
システムカウンターサービス(レジでオーダーと共に会計し、それから料理を受け取る)

 

 

 

 

ザ・ガゼーボのメニュー

 

 

ザ・ガゼーボは食べ歩きレギュラーメニューの牛カルビコーンの他、食べ歩きのお供のソフトドリンクやタピオカも存在します。

 

 

スパークリングタピオカドリンク(ピーチ&ジャスミンティー)

 

最近のパークは新エリア・アトラクションオープンからこの可愛いベイマックスの入れ物に。

 

ザ・ガゼーボのでは、ジャスミンとピーチの相性抜群のタピオカドリンクが!ジャスミンティーらしく、スッキリとした後味ながら、ピーチの果肉や甘さもあります。

 

 

牛カルビコーン(チーズ&マッシュポテト) 

 

食べ歩きフードの定番となる牛カルビコーンは、イベント等で色々な味で登場するのも楽しみの一つ。

 

見た目は完全ソフトクリームのワッフルコーンの中には、サフランライスが入っています。

 

その上に牛カルビが乗っています。

 

さらに、その上にはチーズが練り込まれたマッシュポテトが乗っています。

 

価格は500円。

 

ポークライスロールより高いですが、パークフードで貴重な米を使った食べ物の中では間違いなく上位の質・量といえます!

 

見た目が楽しい!イベントごとに変わる味!

 

過去の商品ではありますが、見た目もとても可愛いです!

 

SNS映えもぴったりな商品達を少しご紹介!

 

 

牛カルビコーン(パンプキン・マッシュポテト)

 

味は変わらずの牛カルビですが、ブラックコーンに仕様変更。

 

ディズニーハロウィンらしい記憶に残る可愛い牛カルビコーン。

 

 「東京ディズニーリゾート35周年グランドフィナーレ」スペシャルメニュー 牛カルビライスコーン

 

キラキラトッピングの牛カルビコーン。

見た目は完全なるアイスクリーム。

 

ライスの上にはホワイトクリーム、コーンの中にお肉が詰まっています。

味はガッツリ牛カルビ味です!

 

 

ザ・ガゼーボはカウンターサービス

 

ザ・ガゼーボは、オーソドックスなカウンターサービスです。

レジで会計は、お馴染みの電子マネー利用可能タイプです。

ザ・ガゼーボにはテラス席もある

 

 

ザ・ガゼーボでは、ほとんどが食べ歩きかと思います。私も食べ歩きで利用することの方が圧倒的に多いです。
ただ、ザ・ガゼーボにはこじんまりとした素敵なテラス席も用意されています。

基本的に混み合っている場面には遭遇した事はありません。

ザ・ガゼーボの営業時間

 

ザ・ガゼーボの営業時間は公式では記載がありません。
基本的には、パークの営業時間と考えてよいかと。
ただ、時期によっての変更はあるかと思いますので、確認が必要です。
また、ザ・ガゼーボはお昼時でも混雑がほとんどありません。
アトラクションなど重視される方には時間効率的にも最適です。

イベントの変わり目で、新商品が出たばかりのときは、やや混むことがありますが、 基本的には、あまり混雑していません。

ヴィクトリア朝時代の建築様式

 

ディズニーランドは様々な建築様式の建物を観ることが出来る事も有名です。華やかな印象のワールドバザールと、
発展前のアドベンチャーランドではその雰囲気が違うのは当然ですが、ザ・ガゼーボは、ワールドバザールとアドベンチャーランドの間に位置しています。
全く異なる2つのエリアですが、ヴィクトリア朝時代の建築様式とすることで、アドベンチャーランドのレストランですが、華やかな雰囲気も感じる事が出来るレストランです。

 

【まとめ】ザ・ガゼーボの牛カルビコーンや食べ歩きメニューを解説!

 

今回は東京ディズニーランドのザ・ガゼーボについて食べ歩きフードとしてポピュラーで面白い牛カルビコーンについての解説とおすすめについて書かせていただきました。

 

パークフードは粉類が多くて飽きてしまうこともあります。

 

今回のザ・ガゼーボの牛カルビコーンは、

 

・パークで米が食べたい!
・ある程度ガッツリ高コスパがいい!
・食べる時間よりパーク重視!

 

こんな方々におすすめです!

 

また、イベントごとに変わる味も楽しみです。

 

 

アディオス!!

\今すぐシェアしよう!/
>
CTR IMG