『ブラック・ウィドウ』劇場公開が1日前倒し 2021年7月8日公開へ

 

 

どうも、こも/komoです(@Disney_WALTblog)

 

女優スカーレット・ヨハンソンが主演するマーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』の劇場公開日が1日早まり、7月8日となることが決まった。ディズニープラスのプレミア アクセスでの配信は、変わらず7月9日から。

なお、同様に米国で劇場公開と同時にディズニープラス配信(&プレミアアクセス有料配信)を行う予定の作品として『Disney’s Jungle Cruise』(ジャングル・クルーズ)がありますが、日本でのプレミアアクセス有料配信は未発表です。

美しき最強スパイであり、万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけたブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)。

過酷な訓練によって育てられた超一流の暗殺者でもある彼女が、なぜアベンジャーズの一員となったのか?

そのスキルを平和のために役立てるようになり、ヒーロー集団アベンジャーズのメンバーとしても活躍、世界的人気キャラクターである彼女が『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した決断は、世界に衝撃を与えた。

だが、それ以前に彼女は大きな決断を下していた-。

さらに本作に登場するのは、ブラック・ウィドウが“妹”と呼ぶ、彼女同等の戦闘能力を持つエレーナ(フローレンス・ピュー)、同じくコスチュームを身にまとった母メリーナ(レイチェル・ワイズ)、原作コミックでは“ロシア”のキャプテン・アメリカと呼ばれる、ヒーローらしかぬぽっちゃりボディーの父アレクセイ=レッド・ガーディアン(デヴィッド・ハーバー)。

彼ら“家族”との再会によってついにその過去と正面から向き合うこととなる。

そんな“家族”を執念深く追うのは、“レッドルーム”が生み出した女性暗殺者集団“ウィドウズ”と、その支配者で、どんな能力でも一瞬にしてコピーしてしまう、最強の敵タスクマスター。

本作では、ブラック・ウィドウに秘められた謎、そして彼女が『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した衝撃の決断に至る背景がついに明らかになる。

映画『ブラック・ウィドウ』は、7月8日より全国の映画館にて公開。

7月9日よりディズニープラス プレミア アクセスにて配信(※プレミア アクセスは追加支払いが必要)

▶︎▶︎ 『ブラック・ウィドウ』映画館公開日変更のお知らせ

▶︎▶︎ マーベル・スタジオ最新作「ブラック・ウィドウ」劇場公開日が1日早まる

 

\今すぐシェアしよう!/
>
CTR IMG