『2021年』あの名作、ディズニー映画『ファンタジア』アニメーションとクラシックの名曲を融合した傑作、全国で特別公開

 

この度、ディズニー映画『ファンタジア』が、2021年3月26日(金)より順次、新宿ピカデリーほか全国で特別公開が決定しました。

 

 

ミッキーマウスのスクリーンデビューから12年後にこのファンタジアは公開されたのですが、 クラシック・コンサートをアニメーションで表現した、“見える”音楽、“聞こえる”映像の、 前代未聞の映画『ファンタジア』として傑作となりました。

 

クラシック音楽の華麗な旋律と、めくるめく色彩、 ダイナミックで、時に繊細、優美なモーションの融合は、 アニメーション史のみならず映画史上、類を見ない作品として、人々を魅了しました。

 

また、この映画のために開発された 画期的な録音・再生システムは“ファンタサウンド”と名付けられ、 その功績にはアカデミー特別賞も授与される程だったと言います。

 

ディズニー長編アニメーション映画の中でも、 特に傑作として語り継がれる『ファンタジア』の80周年を記念して登場する、 この映画を是非観に行ってください。

私も上映が楽しみです。

 

どうも、こも/komoです(@Disney_WALTblog)

 

 

アニメーションと音楽を融合したディズニーの傑作『ファンタジア』

 

1940年に初めて公開されて以来、傑作中の傑作と称賛され、多くの人に感動を与えてきた『ファンタジア』。ディズニーの映画制作技術に大きな革新をもたらした作品でもあり、ウォルト・ディズニーの最も偉大な創造的業績の1つでもある。そんな本作が、約80年の時を経た2021年、日本の映画館のスクリーンに甦ります。

チャイコフスキーやベートーヴェンの名曲8曲とともに『ファンタジア』は、選び抜かれたクラシックの名曲8曲にアニメーションを融合させた、映像と音楽のマリアージュ作品。アニメーション・セグメントに台詞はなく、映像、色彩、アニメーション、音楽を通して物語が語られる。

音楽は“音の魔術師”と呼ばれるレオポルド・ストコフスキーが指揮、フィラデルフィア管弦楽団が演奏を務め、各アニメーション・セグメントは作曲家であり音楽評論家でもあるディームズ・テイラーのナレーションにより紹介されている。60人以上のアニメーター、100人を超えるオーケストラ編成、1000名を超えるスタッフが3年を費やして製作した。

 

「魔法使いの弟子」に扮したミッキーマウスが登場

 

アニメーションは、ミッキーマウスをはじめ愛らしいキャラクターたちが美しい旋律にあわせて、めくるめく色彩、ダイナミックで時として繊細、優美なモーションで描かれており、組曲「くるみ割り人形」にのせて繰り広げられる愛らしいマッシュルームのチャイニーズ・ダンス、軽やかに舞うカバのバレリーナとワニたち、そして「魔法使いの弟子」に扮した人気者ミッキーマウスがみせる、夜空の星たちを指揮する大熱演。

本作で活躍をみせるミッキーマウスは、今でも人気のコスチュームのひとつである青いソーサラーハットをかぶった姿で登場する。

 

【詳細】
映画『ファンタジア』
公開日:2021年3月26日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開

 

【作品基本情報】
1940年/アメリカ/カラー/1.33:1
上映時間:125分
素材:2K DCP/5.1chオーディオ
劇中使用楽曲:
「トッカータとフーガ ニ短調」 J.S.バッハ
「くるみ割り人形」 チャイコフスキー
「魔法使いの弟子」 デュカス
「春の祭典」 ストラヴィンスキー
「田園交響曲」 ベートーヴェン
「時の踊り」 ポンキエッリ
「はげ山の一夜」 ムソルグスキー
「アヴェ・マリア」 シューベルト

 

名作ファンタジアを現代技術で

 

手書きのフルアニメーションとは思えない音楽とアニメーションの融合は、現代の技術をもったとして、見劣りすることはないです。

ウォルト・ディズニーの妥協しない精神と制作に携わったスタッフの賜物です。

 

そんな名作が現代の音響技術や映画館で復活する。

 

関連記事

ファンタズミック!は、ミッキーマウスを始めとする、たくさんのディズニーキャラクターが出演することで有名です。 また、様々なディズニー映画の世界観が再現され、それらは公演されるパークによって大きく異なりま[…]

 

 

\今すぐシェアしよう!/
>
CTR IMG